NEWS

お知らせ

4月開催見送りのお知らせ

選手各位

粟ヶ岳スカイランニング実行委員会 大会総合プロデューサー松永紘明

MT.AWA SKYRACE 2020について

この度の新型コロナウイルスにより亡くなられた世界中のみなさまに謹んでお悔みを申し上げます。
また、世界中で罹患されたみなさま、そして現在、困難な状況におられる全てのみなさまの回復を心よりお祈り申し上げます。

さて、当実行委員会では新型コロナウイルスの状況を注視しながら開催の準備を進めてまいりました。この状況下で、どうしたら開催できるのかを重ねて議論して参りました。刻一刻と変わる状況に合わせて、都度必要な解決策を用意し、どんな形であれ開催にこぎつけるべく、日々対策協議に追われてまいりました。

その甲斐もあり、選手がコースを走る行為自体の可能性について一抹の兆しが見えました。しかしながら、いかなる対策を講じたとしても、装備品チェックやスタートならびにゴール時など、レース前後に生じる「密閉空間・密集場所・密接場面などクラスター(集団)感染発生リスクが高い状況の回避」は極めて困難です。別の懸念事項は選手移動時の感染リスクです。飛行機を含む公共交通機関の移動が必要な全ての選手に新たな感染リスクが発生します。また、大会後、選手自身と接する、家族や周辺の比較的免疫力の弱い方々へまで感染リスクが拡大します。当大会はこれまで粟ヶ岳の麓地域に新しい風を興すために、地域の皆さまと協働で、回を重ねて参りました。この状況下での開催は、この地域に、不安をもたらします。更には、03/20、国際スカイランニング連盟(ISF)の決定事項として、「SKYRUNNER® WORLD SERIES」の開幕が7月末へ順延されることが発表されました。現在の世界情勢を見ればやむを得ない決断です。

このようなことを総合的に評価した結果、選手やご家族、ボランティア、そして地域の皆さまが、安心して楽しめる環境を提供することは非常に難しいとの判断から、甚だ残念ではございますが、2020/04/18-19に予定していました「MT.AWA SKYRACE2020」については、同日の開催は見送ることとなりました。

本大会のために、日程調整ならびにトレーニングなど準備を進めてこられた選手そしてご家族の皆さま、当日ボランティアを予定頂いていた皆さま、「おもてなし」の取組についてご尽力をいただいた地域の皆さまには多大なご迷惑をおかけする事深くお詫び申し上げます。厳しい現状をご賢察の上、ご理解賜りたくお願い申し上げます。
今後の予定については、ISFをはじめとする関係機関及び当実行委員会と協議し、改めてお知らせいたします。

今後も、選手の皆さまが成果を発揮できる最高の舞台を、ここ粟ヶ岳に、用意いたします。感動を共有し、関わる全ての皆さまの人生が変わるきっかけを提供いたします。引き続きMt.AWA SKY RACEを何卒宜しくお願い申し上げます。

2020.03.23