注意事項

cautions

プライバシーポリシー(個人情報保護指針)

主催者は、個人情報の取扱いに関する方針を次のとおり定め、これを公表するとともに遵守します。

⑴ 法令等の遵守
主催者は、参加者の個人情報の取得、利用その他の個人情報の取扱いについて、個人情報の保護に関する法律、関連法令、ガイドライン及びこのプライバシーポリシーを遵守します。

⑵ 個人情報の利用目的
主催者は、参加者の個人情報について、本大会の参加者への利便性・サービス向上を目的とし、大会案内、記録通知、関連情報の通知、問い合わせに対する対応、保険加入、次回大会の案内、大会協賛協力、関係団体からの協力・サービス提供、関係部署の連携・情報共有、レース結果管理等に利用します。

⑶ 利用目的の範囲内での利用
主催者は、あらかじめ公表した利用目的の達成に必要な範囲内でのみ個人情報を取り扱います。ただし、次の各号に該当する場合は、参加者の同意を得ることなく、あらかじめ公表した利用目的の達成に必要な範囲を超えて個人情報を取り扱うことがあります。
  ① 法令に基づく場合
  ② 人の生命・身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、参加者本人の同意を得ることが困難であるとき
  ③ 公衆衛生の維持及び安全確保のために特に必要がある場合であって、参加者の同意を得ることが困難であるとき
  ④ 国の機関もしくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令に定める事務をすることに対して協力をする必要がある場合であって、参加者本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき

(4) 保存期間
主催者は、利用目的に必要な範囲内で参加者の個人情報の保存期間を定め、保存期間経過と又は利用目的達成後は参加者の個人情報を遅滞なく消去致します。但し、次の各号に該当する場合はこの限りではありません。
  ① 法令に基づく場合
  ② 本人の同意がある場合
  ③ 前2項の場合のほか、個人情報を消去しないことについて相当な理由があるとき

(5) 第三者への提供
主催者は、次の各号に該当する場合を除き、第三者に参加者の個人情報を提供することはしません。
  ① 法令に基づく場合
  ② 人の生命・身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、参加者本人の同意を得ることが困難であるとき
  ③ 公衆衛生の維持及び安全確保のために特に必要がある場合であって、参加者の同意を得ることが困難であるとき
  ④ 国の機関もしくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令に定める事務をすることに対して協力をする必要がある場合であって、参加者本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき
  ⑤ お客さまに商品やサービスを提供する目的で主催者からの委託を受けて業務を行う提携会社が情報を必要とする場合。
  ⑥ 大会期間中及び大会終了後2週間以内に大会参加者・スタッフ等に新型コロナウイルス感染症への感染が確認された場合、必要に応じて個人情報を保健所等の公的機関に提供する場合があります。

(6) 個人情報の管理
主催者は、参加者の個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持・管理体制の整備・スタッフ教育の徹底等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。
また、参加者の個人情報の取り扱いの全部または一部を委託する場合は、委託先において主催者と同等の個人情報の安全管理が図られるよう、必要かつ適切な監督を行います。

(7) 個人情報の開示
主催者は、参加者から、個人情報保護法の定めに基づき個人情報の開示を求められたときは、参加者ご本人からのご請求であることを確認の上で、参加者に対し、遅滞なく開示を行います(当該個人情報が存在しないときにはその旨を通知いたします。)。但し、個人情報保護法その他の法令により、主催者が開示の義務を負わない場合は、この限りではありません。なお、個人情報の開示につきましては、手数料(1件あたり1,000円)を頂戴しておりますので、あらかじめ御了承ください。

(8) 個人情報の訂正及び利用停止等
  ① 主催者は、参加者から、①個人情報が真実でないという理由によって個人情報保護法の定めに基づきその内容の訂正を求められた場合、及び②あらかじめ公表された利用目的の範囲を超えて取扱われているという理由または偽りその他不正の手段により収集されたものであるという理由により、個人情報保護法の定めに基づきその利用の停止を求められた場合には、参加者ご本人からのご請求であることを確認の上で遅滞なく必要な調査を行い、その結果に基づき、個人情報の内容の訂正または利用停止を行い、その旨を参加者に通知します。なお、訂正または利用停止を行わない旨の決定をしたときは、参加者に対しその旨を通知いたします。
  ② 主催者は、参加者から、参加者の個人情報について消去を求められた場合、主催者が当該請求に応じる必要があると判断した場合は、参加者ご本人からのご請求であることを確認の上で、個人情報の消去を行い、その旨を参加者に通知します。
  ③ 個人情報保護法その他の法令により、主催者が訂正等または利用停止等の義務を負わない場合は、⑴および⑵の規定は適用されません。

(9) お問い合わせ窓口
ご意見、ご質問、苦情のお申出その他利用者情報の取扱いに関するお問い合わせは、下記の窓口までお願いいたします。
住所:〒954-0111  新潟県見附市今町3-1-5
トレイルランナーズ
個人情報取扱責任者:松永紘明
連絡先:0258-66-7991

       

大会の名称・映像・画像・リザルト・記事等の権利

⑴ 大会の映像、写真、記事、位置情報、参加者の氏名、年齢、居住地(国名、都道府県または市区町村名)記録等の著作権、掲載権、使用権は主催者に属します。主催者の許可なく使用(放送、出版、インターネット配信なども)することはできません。ただし、参加者やサポーター自身が撮影した映像、写真を私的に使用することは認めます。
⑵ 主催者は、参加者やサポーターの映像、写真、記事、記録等をテレビ、雑誌、インターネット等で公表することがあります。
⑶ MT.AWA SKYRACEは登録商標(申請中)です。 使用するには、主催者の承認を得る必要があります。

       

自己責任

本大会は山岳地を含む自然の中を走る競技です。主催者は参加者が予測・制御できないリスクを最小限にとどめるよう準備しますが、レース中の危険を避け、自身の安全を守るのは参加者の責任です。そのため、参加者は予測されるトラブルや天候の悪化(低温、強風、雨や雪など)に対応できる技術・知識、装備、体力、自己管理能力を備えていることが求められます。その対応の結果には参加者自身が責任を負います。
さまざまな自然環境の下で誰に頼ることなくコースを維持することは参加者の責任です。また、コースを外れた場合は地図などを使い、自力でコースに戻ることも参加者の責任です。 レースで起こりうる問題(精神的、肉体的)に対して、外部の助けなしに自ら対処できる能力を有し、自己責任を十分に理解してください。

       

環境保全への配慮

本大会は、環境に配慮したエコな運営、ペーパーレスを心がけております。申込者への書類発送はありません。
エイドステーションには紙コップがありません。参加者は携帯コップを持参願います。
環境に配慮した取り組みとして下記を実施します。
●歩道はみ出しの懸念がある箇所は、原則追い越し禁止区間として設定する。
●参加者のシューズ等に付着する外来種の飛来を防ぐため、大会装備品チェック時に汚れた靴については洗浄を実施するほか、コース中トレイルの入り口にはマットを設置する。
●ストックはキャップの付いた状態で使用し、使用を認められた区間でのみ使用させる。
●コースの角をショートカットするなど、トレイルからはずれることを禁止する。
●自然保護上必要な箇所では、追い越し禁止その他の制限を設ける。
●コース上および全区域で動植物、菌類、岩石などの採取及び損傷を禁止する。
●コース上でのゴミ捨てを禁止する。
●用便は各エイドステーションのトイレを使用させる。止むを得ないときは携帯トイレを使用させる。携帯トイレを必携装備品とする。
●大会終了後にボランティア参加による全コースのゴミ拾いを実施する。
●大会時雨天時、および土壌のぬかるみが大会3日前に予見または認められる箇所はコースを変更する。
●コース内には熊の生息地が含まれる事を認識し、参加者・スタッフの安全管理を図る。
●自然環境等への影響に係るモニタリングを実施する。
●万一現場の顕著な改変等が見られた場合には、大会主催者が復旧する。

       

大会の中止・中断・コース変更

⑴ 主催者が以下の理由により大会の開催、継続が困難であると判断した場合は、大会を中止または中断します。大会開催日を翌週などに延期することはありません。
  ① 新型コロナウイルス感染拡大の影響等により国や県、市からの中止要請があった場合。
  ② 気象警報発令時
  ③ コース途中の崖崩れ、落石など、参加者とスタッフの安全を確保できないと判断されるとき。
  ④ 参加者通過によって自然環境(国内希少野生生物種保護など)を損なう可能性があるとき。
  ⑤ その他、主催者が中止すべきと判断したとき。
⑵ 大会中止・中断の判断は大会開催日または前日までに大会公式サイトおよび専用サイト
(PC、スマートフォン)で発表します。スタート当日に発表する場合は、参加者それぞれの登録された携帯電話番号にSMSでも配信します。
⑶ やむをえず、上記の理由により、大会中止・中断・コース変更となった場合も、参加料の返金等は行いません。

       

申し込みの変更・キャンセル

⑴ 申込受付後及び入金手続き完了後は、いかなる理由であっても種目変更、及びキャンセルはできません。申込者の理由によるキャンセルについては参加費の返還等は行いません。
⑵ 払込期限経過後に支払い手続きをされた場合、申し込みは無効となります。この場合は所定の手数料を差し引いて返金致します。
⑶ 申し込み後、大会参加の権利を第三者に譲渡することは出来ません。代理出走も認められません。

【キャンセルポリシー】
主催者の不可抗力による事由でレースが中止された場合、またはイベントを別の方法で開催する必要がある場合、参加費などの返還は行いません。
中止となった場合、来年のエントリー優先権を付与します。
但し、レース開催日の30日より前に中止が決定した場合、参加者に事務手数料等を除いた参加費をオンラインギフト券等で返金いたします。
返金額
  17,500円

【感染症対応について】
感染状況により開催内容に変更の可能性があります。
1 日本政府による緊急事態宣言発令
2 開催県による移動制限及び不要不急の外出自粛の要請
3 政府及び地方自治体から本大会に該当するイベント自粛要請
4 その他、開催が困難と当方が判断した場合
上記いずれかの理由で開催困難が判断された場合、順延。中止の場合は、キャンセルポリシーに従います。
5 開催県による県外移動制限及び不要不急の外出自粛の要請
6 会場による県外者来園制限
上記いずれかの理由で国内居住地制限エリアが必要と判断された場合、大会規模縮小とします。
エリア外在住申込者への参加費などの返還については、キャンセルポリシーに従います。

       

レース終了・大会後について

⑴ 完走証の印刷は致しません。ゴール後、大会ホームページよりダウンロードしてください。
⑵ 不参加等の場合でも、参加賞の郵送は行いません。
⑶ 入賞者は表彰式にて賞品を受け取ってください。受け取りが無かった場合、辞退したものとして扱います。