装備品

equipment

必携装備品について

●ゼッケンを受け取るために、受付で必携装備品を提示する必要があります。必携装備品に不備があった場合ゼッケンをお渡しできませんのでご注意ください。
●ランニングザックは受付にてタグ付けされたもので、レース中に変更することはできません。
●スタート地点に配置された審判員が必携装備品チェックを行います。必ず指示に従ってください。
●大会の安全と円滑な運営を確保するために、各参加者は、必携装備品に記載されているすべてのアイテムをレース全体を通してランニングザックで携行する必要があります。(以下を参照)
●「高温」、「低温」のセットは必携装備品の一部です。気象条件に応じて、主催者はこれら2つの追加セットのいずれかを参加者に携行するよう受付前に参加者へ要請する場合があります。
●すべての衣類は、参加者自身のサイズに合ったもので、製品として出荷された後、如何なる方法での変更・改造等は認められません。
●ゴール後に抜き打ちで必携装備品を確認します。必携装備品を携行していなかった場合は失格となります。(補給食と水、携帯トイレは除きます。)
注意:必携装備品は、各自のスキルに応じて適応したものでなければなりません。可能な限り軽い服を選ぶのではなく、山中で、寒さ、風、雨からしっかりと保護し、安全性とパフォーマンスを向上させる装備を選ぶことは参加者の責任です。
   

1 必携装備品

① 必携装備品を運ぶためのランニングザック

② ココヘリ
※ココヘリに事前に加入しご自身の発信機を携行するか、主催者が用意する発信機をレンタルし、携行ください。(レンタル費用1,100円)
※スタート時ココヘリは完全充電状態であること。
※レンタルしたココヘリはゴール時に必ず返却願います。紛失された場合4,400円(税込)をご負担いただきます。
◎この機会にココヘリにご入会いただける方は、下記【ココヘリ】からココヘリの詳細情報、ご入会の案内をご覧いただけます。
【ココヘリ】

③ 携帯電話と携帯電話予備バッテリー
※スマートフォンが望ましい。
※参加者は大会前後を含め期間中常に連絡が取れること。
※日本国内で使えるモードで主催者の非常電話番号を登録し、スタート時は完全充電状態であること。
※電源を入れた状態であっても、機内モードは禁止します。違反した場合ペナルティの対象となる可能性があります。

④ 150ml以上の携帯コップ
※エイドステーションに紙コップの用意はありません。
※ボトルなどキャップつきは認められません。

⑤ 水分 1ℓ以上 → 2ℓ以上
※装備品チェックでは、水分が1リットル 2リットル以上入れられるもの(ボトルやハイドレーション)を提示ください。中身は空で結構です。
※大会当日(5/29)気温の上昇が予想されるため、高温セットが必携装備品となります。

⑥ サバイバルブランケット(1.4m×2m以上)

⑦ ホイッスル

⑧ テーピングや伸縮性包帯(100cm x 6cm以上)

⑨ 補給食 計800kcal以上
※食品にある表記で各自計算してください。
※KODA NUTRITION エナジージェル1個45g/117kcalまたはそれと同等のスポーツ用のジェル等を推奨。
※これ以上必要と思われる場合は各自準備してください。
※トップ参加者はスタート1時間半後から30分おき1個、3時間で計4個程度消費します。
※装備品チェックでは、実際にお持ちになる行動食を提示ください。

⑩ フード付きレインジャケットとレインパンツ
※ゴアテックスまたは同等の防水、透湿機能を持ち、縫い目をシームテープで防水加工してあるもの
※ジャケットには、必ず一体型のフードが取り付けられていること。
※ジャケットとパンツには防水性のない生地の部分があってはなりませんが、メーカーが取り付けた通気孔(腕の下など)は、許可します。
※参加者は、前述の基準に準拠したジャケットとパンツが、風雨などに見舞われても耐えられるものであるか判断する必要があります。 ただし必携装備品チェックでは、レースディレクターの意見を優先します。

⑪ 帽子またはバフ

⑫ フィンガーレスグローブ
※コース全体でロープや鎖、ハシゴなどが設置され、走ることができず、手を使い、通過に注意が必要な箇所が無数にあり、転倒や滑落による手の怪我を防げるようなグローブをスタートからゴールまで必ず装着すること。

⑬ 携帯トイレ

⑭ 山岳ランニング用シューズ
※開催地域外から植物が持ち込まれないよう靴底の洗浄等の実施をしていること。
※安全のため陸上用のランニングシューズやサンダル類は禁止します。

⑮ 熊鈴

⑯ 身分証明書(顔写真付き)
※免許証、パスポート、マイナンバーカードのいずれか1つ

◎ 高温セット(大会当日(5/29)気温の上昇が予想されるため、必携装備品とします)
水:2ℓ以上
必携装備品 ⑤ 水分は2ℓ以上となります。

◎ 低温セット(気象条件によって、主催者が参加者に携行を要請する場合があります)
暖かいサードレイヤー(防水ジャケットとセカンドレイヤー間に着る衣服)
※推奨:フリースまたはコンパクトになる薄手ダウンジャケット
 
   

2 推奨品

① ストック(ポール)
キャップが付いたストックはゴールまでどこでもご使用いただけます。スタート時、持ち運びに配慮願います。​先端がプラスチックのストックはキャップ無しでご使用いただけます。
※ストックを持って行くことを選択した場合は、レース全体を通して携帯する必要があります。 ストックなしでスタートし、レース中にストックを受け取ることは禁じられています。

② コンパス

③ 現金

④ 日焼け止め

⑤ サングラス

⑥ ポイズンリムーバー